エステで行う脱毛は永久ではない?

脱毛サロンで全身脱毛すると聞くと、「いいなあ永久脱毛かあ」と思われる方は多いかもしれませんが、実は脱毛サロンで行う脱毛は永久脱毛ではないとご存知でしたか?
「永久脱毛」というのは医療行為にあたるもので、クリニックなどの医療機関で行われる医療レーザー脱毛がそれにあたります。医療レーザー脱毛の光は黒い色(メラニン)に反応し、レーザーを照射すると光は毛根部分のメラニン色素に吸収されて発熱、毛乳頭を破壊します。毛を成長させる毛乳頭を破壊することで、レーザーを照射した毛根からは毛が生えてこなくなるのです。
対して脱毛サロンでの施術はといいますと、こちらはフラッシュ脱毛(光脱毛)と呼ばれるもので、仕組みとしては医療レーザー脱毛と似ているのですが、光の出力レベルにかなりの違いがあります。弱い出力での施術になるため、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えて脱毛を促すことで、少しずつムダ毛を目立たなくしていく「減毛」になります。永久脱毛ではないため、施術後しばらくするとまた毛が生えてきますが、施術ごとにどんどん毛が薄くなっていきます。
このように、脱毛サロンでの施術は永久脱毛ではないのですが、続けていくことでかなりの毛を生えてこなくすることはできます。多くの方は、脱毛サロンでも満足いく程度に毛を薄くすることができるでしょう。ただし、あまり時間をかけずに脱毛したい、完璧につるつるにしたい、というのであれば、永久脱毛を選んだ方がいいかもしれません。