消費者金融で1ヵ月お金を借りたら利息はどのくらいになるのか?

消費者金融で1ヶ月お金を借りた場合利息がどのようになるのかというのは金利と借入残高によっても異なります。金利というのは一年間借りた場合に発生する利息の割合の事を表していて、100万円借りて金利が10%であった場合に1年後に返済するとなると10万円の利息が発生して110万円を返済する必要があるという事になります。
消費者金融 在籍確認なしでお金を借りる場合は実際に一年後にまとめて返済するというのではなく、大体1ヶ月毎に最低返済額が決められています。また、返済は基本的に最低返済額以上であれば多く返済する事も早目に返済する事も出来るようになっているので、実際に利息の計算を行う時には1日単位で利息の計算をする事になります。そのために金利は一年間での利率であるので1日当たりでの金利に直したうえで計算を行う事になります。
例えば、金利が18%で借入残高が50万円であった場合、借り手から1ヶ月後がちょうど30日であったとします。その場合は7,397円という事になります。その時に57,397円返済して残高が45万円になったとすると、さらにその1ヶ月後の利息は6,657円となり、最初の一月の時よりも若干利息が少なくなっていきます。
消費者金融からお金を借りて返済をする場合は、利息は単純に金利が低ければ少なくなるというだけでは無く、借入残高を1日でも早く減らして借入日数を出来るだけ短くした方が少なくする事が出来るという事になります。

エステで行う脱毛は永久ではない?

脱毛サロンで全身脱毛すると聞くと、「いいなあ永久脱毛かあ」と思われる方は多いかもしれませんが、実は脱毛サロンで行う脱毛は永久脱毛ではないとご存知でしたか?
「永久脱毛」というのは医療行為にあたるもので、クリニックなどの医療機関で行われる医療レーザー脱毛がそれにあたります。医療レーザー脱毛の光は黒い色(メラニン)に反応し、レーザーを照射すると光は毛根部分のメラニン色素に吸収されて発熱、毛乳頭を破壊します。毛を成長させる毛乳頭を破壊することで、レーザーを照射した毛根からは毛が生えてこなくなるのです。
対して脱毛サロンでの施術はといいますと、こちらはフラッシュ脱毛(光脱毛)と呼ばれるもので、仕組みとしては医療レーザー脱毛と似ているのですが、光の出力レベルにかなりの違いがあります。弱い出力での施術になるため、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えて脱毛を促すことで、少しずつムダ毛を目立たなくしていく「減毛」になります。永久脱毛ではないため、施術後しばらくするとまた毛が生えてきますが、施術ごとにどんどん毛が薄くなっていきます。
このように、脱毛サロンでの施術は永久脱毛ではないのですが、続けていくことでかなりの毛を生えてこなくすることはできます。多くの方は、脱毛サロンでも満足いく程度に毛を薄くすることができるでしょう。ただし、あまり時間をかけずに脱毛したい、完璧につるつるにしたい、というのであれば、永久脱毛を選んだ方がいいかもしれません。

脱毛後のケア

脱毛後のアフターケアが大事とよく聞くけれど、実際どんな方法がいいのか?
よくわからないのでアフターケアまではしてないなんて方も多いと思います。でも脱毛後の肌はとてもデリケート。きれいになるために脱毛をしたのに、逆に乾燥などをひきおこし肌への負担がかかってしまうことも。
では、どんなケアをしたらいいのでしょう?
アフターケアは、脱毛方法によっても違います。カミソリなどの自己処理の場合、腕などはとくに皮脂が少なく、カミソリの刃で肌を刺激しているのでとても乾燥しがち。保湿の手抜きをしないよう、化粧水やボディクリームなどでしっかりと保湿をしてあげましょう。
毛抜きや家庭用の脱毛器などでの自己処理のケアは、毛穴に雑菌が入らないよう、清潔に保つことが大事です。雑菌がはいると、赤く腫れてしまいます。清潔に拭いたあと、冷やして毛穴を引き締め、落ち着いた頃(数時間後)に保湿ケアを。
エステやサロンでの脱毛後は、だいたいのところで施術をしてくれる方がアフターケアをしてくれます。
自宅でのケアについてもお店によって多少違いはあるかと思いますが教えてくれますので引き続き行ってください。やはりこちらでも保湿ケアが大事です。
基本、脱毛と保湿はセットです。脱毛をしたら保湿をする、そんなに手間のかかる作業はありません。アフターケアをきちんとすることで、脱毛の効果を最大限に発揮し、すべすべで毛穴が目立たないお肌をめざしましょう。